ドッグフードを選ぶ注意点?

ペットの犬が毎日食べるものなので、ドッグフードも良いものを与えてあげましょう。どういったものに気をつければ良いのか、代表的なものをピックアップしました。

まず、4Dミートが含まれているドッグフードです。4Dミートとは、Dead(死亡している)・Dying(死にかけている)・Disabled(障害のある)・Diseased (病気のある)の家畜の肉を使用しています。品質が悪い肉なので、動物用の飼料として利用されることが多いです。肉の品質をごまかすために添加物が増えるので、特に香料や着色料が品質表示に入っているものは選ばないようにしてください。

次に、穀物を主とした植物原材料です。基本的に犬は肉食なので、植物原材料が必要ありません。ですが、フード全体のかさ増し、コストダウンのため添加物として加えるケースも多いです。ですがこの場合、そもそも犬の食事として必要ない存在であるため、健康上の問題も起こりかねません

他にも大量の油が加えられていることもあります。犬の食いつきを良くする効果に期待できますが、餌自体の酸化を早める、肥満の原因になるといったデメリットも多く、理想的とはいえません。加えて、酸化防止剤や保存料も合わせて使われることも多く、安心できません。